そもそも平成のご時世で、

「1坪いくら?」とかやり取りされているのが、驚きの現実かもしれませんが、

不動産取引で、1㎡いくらというより、1坪いくらという計算の方が一般的なやりとりです。

建築中2

1坪とは約3.3m²の面積で、目安としては畳2枚程度の広さになります。

もちろん日本独自の測量の単位で、他の国では通用しません。

1マイル=1.60934kmみたいなものです。

ではタイトルの

10坪ですが

約33㎡→畳20枚→20帖のスペースです。

これだけのスペースがあれば、

住居として考えれば

DINKSが住むには、十分なスペースですし

子供が小さい間であれば、問題無く暮らせると思います。

170bnn_03

商スペースと考えれば

雑貨屋さん

スタンディングの飲み屋さん

「保険の窓口」・・・利用法が見つかります。

これはあくまで理論上

実際の建物を建てるとすると・・・

柱や壁、隣接の建物の距離、

有効なスペースはどんどん減っていきます。

そもそも建ぺい率や容積率と言った制限があるので、

住居を建てるとすると

満足に使えるスペースは1フロアで15㎡~20㎡くらい。

とここまでは、一般的に考えるとこうなります。

土地に建物を建てるとこうなるので

建物を建てなければいいんです。

駐車場として使うというのも選択肢でしょうが、

建物(工作物)の定義は

  1. 屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)
  2. 1に附属する門若しくは塀
  3. 観覧のための工作物
  4. 地下若しくは高架の工作物内に設ける事務所、店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設

となるので・・・

屋根が無い家←は建築基準法は関係ない!=自由に建てられる

一見、無茶な発想ですが、

実際、法律上建物が建てられない、

あるいは、今になって再建築出来なくなった土地では、

のような発想で

くぐり抜けて土地利用をするような実例もあるようです。

大半の方に利用価値がない土地でも

その利用価値が思いつく方には、お得な物件と化けることは

多々あります。

ようは、それを「どう使うか」が大切なポイントかもしれません。

2f70b41e8ca3ccbae56ccedb74968261